7/14(土)放送分の予告はこちら   金← →日

【そろばん侍 風の市兵衛 (終)】
NHK 18時05分~18時43分 第9回 「帰り船」 下

美早(前田亜季)の訴えに打たれた勘七郎(川口覚)は意を決して直買いを糺(ただ)すが、伊右衛門(渡辺徹)は本家の指示でやったことで荷の中身は知らないと主張する。美早と勘七郎は本家で事実を確認するため、醤油を下ろして戻る仁三郎の“帰り船”に乗り込み、市兵衛と弥陀ノ介(加治将樹)も二人を守るため同行する。夜になって、伊右衛門が雇った川賊が、市兵衛の宿敵・青(山本千尋)とともに集団で襲い掛かって来た――。


【バカボンのパパよりバカなパパ】
NHK 20時15分~20時45分 第3回 「パパは賛成の反対なのだ」

 りえ子(森川葵)は“イギリスでアートを学びたい”と思い始める。その気持ちを、登茂子(長谷川京子)に打ち明けるが、考えの甘さを見抜かれて大反対される。そんな中、登茂子は倒れてしまう──。登茂子の療養のため家族五人は伊豆の温泉旅館へ行く。旅館でもやりたい放題の赤塚ファミリー。庭で勝手に始めたバーベキューの場で、不二夫とりえ子は“登茂子の病気”と“イギリス留学”をめぐって大げんかになる。


【極道めし】
BSジャパン 21時~21時54分 第2話 「涙の野沢菜めし」

御久里刑務所204号室では毎日の食事のおかずや甘いおやつなどの争奪戦がひっそりと繰り広げられている。業務上横領の小津(今野浩喜)、窃盗常習犯・八戸(徳井優)、詐欺師・坂井(柳沢慎吾)、暴力団組員・荒木(小沢仁志)、銃刀法違反・原一平(福士誠治)。順番にシャバで食べた美味しかった食べ物の話をして 最も旨そうな話をした者を勝者とするこのバトル、連敗中の新人・一平はお腹を鳴らしながら忸怩たる思いでいた。

ある日、献立に『牛肉のしぐれ煮』を発見した面々は希少品の牛肉に色めき立つ。どうしても勝利したい一平は牛丼で勝負。詐欺師の坂井が持ち出したのは高校時代のお弁当。鰻丼だと思っていたその弁当の正体は…?経費でタダ飯が信条の元サラリーマン・小津の舞台は高級旅館。心を捉えたのはぼたん鍋ではなく風呂上がりの…?そして八戸はガードマン時代の揚げパンの話。

それぞれの思いが交錯する中、バトルは熾烈を極める。そんな中、暴力団員の荒木がポツリポツリと話し始めたのは鉄砲玉で失敗した話。組からも警察からも追われる荒木が最後にたどり着いたのは生まれ故郷。自宅の庭に潜む荒木のところに農作業を終えた母(泉ピン子)が帰ってくる。母が用意する素朴なご飯。白飯、味噌汁、煮物、野沢菜の漬物…。黙って食べる荒木のもとに警察の追手が…。




【サバイバル・ウェディング】
日テレ 22時~22時54分 #2

「大切にされたかったら体を許すなよ」宇佐美(伊勢谷友介)から恋愛戦略を聞かされた直後にも関わらず、元婚約者の和也(風間俊介)に迫られ思わず流されてしまったさやか(波瑠)。「編集長には絶対言えない…」宇佐美への後ろめたさを感じつつも、婚活連載「サバイバル・ウェディング」の初回に向けて準備をスタートさせる。結婚を楽しみにしている実家の母・美恵子(財前直見)からの電話には「式が半年延期になった」ととっさにウソをついてしまうが、やはり“自分を安売りしてしまった”さやかに和也からの連絡は途絶えたままだ。

そんな中さやかが出会ったのは、新たに担当になったタイアップ広告の代理店営業マン・祐一(吉沢亮)。実は祐一は、先日のイベントでさやかが用意したガッツリ系のお弁当を唯一食べてくれた着ぐるみの“中の人”だった!仕事もできる“超絶さわやかスーパーイケメン”祐一にときめくさやかだったが、クライアントの愛され系女子・美里(奈緒)も彼に絶賛アプローチ中。さやかは美里が仕掛ける女子力対決を受けて立とうとするが…。

久しぶりの“恋のはじまりの予感”をさやかは生かすことができるのか!?和也との関係には“未来”があるのか!?そして宇佐美がさやかに授ける次なる“作戦”とは??





【植物男子ベランダー】
NHK 23時30分~24時 第11話 「遠い日の花火」の巻

 あまりに暑いのにクーラーが壊れたので、修理の間、男(田口トモロヲ)は下町へ。道端に植物を置いているかれんな女性(中村ゆり)に一瞬心奪われたりしつつ町を歩くと、路上に植物を並べている不思議な雰囲気をもつ青年(染谷将太)がいた。以前から気になっていた青年だ。男は青年のもっていたモミジに釘づけになってしまい、それを買おうとするのだが…。やがて男はあの強烈な先輩、茂木梅吉(松尾スズキ)を呼ぶことに。


【限界団地】
フジ 23時40分~24時35分 第7話 「仕上げはおじい~ちゃん」

 「僕は人を殺しました」と告白した寺内(佐野史郎)から逃げるように団地を出た江理子(足立梨花)。二宮(郭智博)の手引きで近くのビジネスホテルに潜伏していたが、寺内は携帯型ゲーム機を使って江理子の息子を巧みに操り、手紙を渡すことに成功する。その手紙には、寺内が団地の住人と最後の親睦会を開き、一致団結して“一団心中”するという内容が書かれていた。限界にまで追い詰められた江理子は……。

 そんな中、団地取り壊しの反対運動に住人たちが異を唱え出した。寺内に操られている金田(山崎樹範)は賛同するものの、他の役員たちは「反対運動に力を入れるよりみんながきちんと引っ越しをできるよう考えるべき」と、嘆願書への署名を拒否する。すると逆上した寺内は強権を発動、団地で独裁を振るい出す……。



オトナの土ドラ「いつかこの雨がやむ日まで」8月4日(土)11時45分スタート



【グッド・バイ】
BSジャパン 24時~24時30分 第2話「恋人号泣!始まったグッドバイ」

既婚者なのに複数の彼女がいるダメ男の田島毛(大野拓朗)に、「彼女たちとグッドバイしたら?」と思わずアドバイスをしてしまった別所(夏帆)。すっかりその気になった田島毛は、太宰治の小説「グッド・バイ」に登場する妻役を演じる女性の役を、別所にお願いしたいという。結婚指輪まで用意してきた田島毛に引きずられるように、別所は妻のフリをして、しぶしぶ彼女に会いに行く。

最初に別れを切り出す恋人は、小説と同じく美容師のりりこ(佐津川愛美)にしたという田島毛。りりこが働く美容院に着くと、田島毛は別所を女房だと紹介してさっさと出て行ってしまう。後に残された別所は「いつも主人がお世話になっております」と声を絞りだすのだが…。




テレ朝 土曜ナイトドラマ『ヒモメン』 7月28日(土)スタート