1/20(土)放送分の予告はこちら   金← →日

【精霊の守り人~最終章~ (終)】
NHK 21時~22時 第9回 「旅立ち」

バルサ(綾瀬はるか)と捕らわれの身であるタンダは、魂をトロガイの元に飛ばし、ナユグに春がきたことを伝え、光の鳥を飛ばし人びとに早く逃げるよう警告することを提案。そのさなか、タルシュ帝国が滅びる。やがて一気に濁流が押し寄せ、川の水が増水。大勢の人たちが逃げまどう。そして、物語はクライマックスに。新ヨゴ国の都は消えてなくなるのか?再び離ればなれになったバルサとタンダは再会できるのだろうか…。


【命売ります】
BSジャパン 21時~21時54分 episode.3 「天使すぎる女医」

羽仁男(中村蒼)の元を訪れた人目の客は、以前病院で出会った看護師の木島由紀(谷村美月)だった。

依頼は、女医の城山愛理(壇蜜)を失墜させるために、彼女の医療ミスで死んでくれというもの。由紀の話によると、表向き評判のいい女医は、実は患者のことは実績作りの道具としか思っておらず、むやみやたらに患者に手術をすすめているらしい。さらに彼女の医療ミスは上司が黙認することにより表沙汰になっていないという。病院のため、患者のために女医の悪事を暴きたいという由紀の依頼を受けて、入院することになる羽仁男。

まずは女医の病院での評判を落とそうとする羽仁男と由紀だったが、一筋縄ではいかず苦戦する。自暴自棄になった羽仁男は女医と関係を持ってしまい、それを知った由紀も嫉妬して羽仁男と関係を持つ。

そして、手術の日となり、由紀は羽仁男を「さよなら」と送り出した。由紀は女医の医療ミスに見せかけて、羽仁男が死亡するよう細工する計画をしていた。

しかし、直前で由紀が思いとどまり、羽仁男はまた死ぬことができなくて...。




【もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~】
日テレ 22時~22時54分 #03

20年間北沢家につくしてきた執事の小岩井(浅野和之)が、自殺しようとしていたところを保護された。驚く秀作(山田涼介)だが、小岩井はメイド喫茶にハマっていたらしく、その姿を博文(小澤征悦)に目撃されていた。北沢家の名誉を傷つけるのは契約違反だと辞めさせようとする泰蔵(中村梅雀)たち。

退職願いを差し出す小岩井を引きとめる秀作。しかし「アナタの子守りをするのはもうウンザリ」と言われ何も言えなくなってしまう。

楠木(千葉雄大)が来て以来、次々と事件が起こると気づいた秀作は、すっかり知晶(波瑠)に気に入られている楠木に不審な目をむける。

そんな中、知晶が小岩井の娘がメイド喫茶で働いていることを突き止めた。娘の話から小岩井の知られざる一面を知った秀作だが、一方、小岩井はすでに新しい職場で働き始めていて―。





【明日の君がもっと好き】
テレ朝 23時05分~23時59分 第二話

 丹野香(森川葵)から性に関する悩みを打ち明けられた松尾亮(市原隼人)は、戸惑いながらも香を受け入れ結婚を前向きに考え始める。

 一方、恋愛に疲れた里川茜(伊藤歩)は、胸中を打ち明けた祖母の静子(三田佳子)から、性欲と恋とを勘違いしていないかと思いがけない言葉を投げかけられ、返事に詰まってしまう…。

 その夜、街では城崎遥飛(白洲迅)が子持ちの城之内美晴(釈由美子)を誘った挙句、いつものように罵倒した上、財布を奪い取っていた。

 同じ頃、黒田家では、梓(志田未来)が夫の智弘(渡辺大)に嘘をつき、香の勤めるガールズバーへと出かけていく。そして、夕飯の支度もなく放って置かれるはめになった智弘は、ある女性を寿司屋に誘う。やってきた女性はなんと、茜だった…!



【オーファン・ブラック~七つの遺伝子~ (終)】
フジ 23時40分~24時35分 EPISODE 8

 シングルマザーの沙羅、二児の母・理華、内気な科学者・泉、そして悲しき暗殺者・エレナ……孤独な姉妹(クローン)たちの物語、ついにクライマックスへ!

 沙羅(知英)は槙雄(山崎育三郎)を救出すべく、彼が拉致された廃屋に向かっていた。ところが沙羅たちクローンを狙うダイアード社の人間に捕らえられてしまう。沙羅の無鉄砲な行動に思わず怒る槙雄。そんな槙雄に、沙羅は「貴重なサンプルに手を出すはずがない」と強がってみせる。ところが、部下から報告を受けたダイアード社の幹部・クロサキヒロカ(知英)は沙羅を“削除”するよう命じていた。

 その頃、科学者の泉(知英)は自らの意思で脇田(竹中直人)のもとを訪ねていた。敵の内側に入ることで、沙羅や理華を守ろうと決意したのだった。歓迎する脇田。一方、監視役(モニター)だった愛子(佐津川愛美)は、泉の信頼を裏切ってしまったことに罪悪感を覚え始めていた。本当にこれで良かったのか……葛藤し始める愛子。

 主婦で二児の母・理華(知英)もまた、悩んでいた。ダイアード社の顧問弁護士・黄(川辺優紀子)からは、ダイアードの管理下に入れば、監視役も排除し、自由を約束すると言われていた。だが、それはかりそめの自由。自分が実験動物であることを認めるも同然の行為だった。そんな中、隣人で親友の綾乃(滝沢沙織)が理華の前で怪しい行動を見せる。衝動的に綾乃を追いかける理華だったが……

 意識を失った沙羅に迫るナイフ。するとそこに、エレナ(知英)が現れる。宇賀神(大杉漣)から沙羅を殺害するよう命じられていたエレナ。しかしエレナは槙雄に、沙羅を連れて逃げろ、と命じる。ところが、そんなエレナの肩を凶弾が貫き……!

 沙羅たちはなぜ生まれたのか…人は生まれなのか、育ちなのか…家族とは…絆とは……

 原作とは一味違うラスト!日本版「オーファン・ブラック」、堂々の最終回!!



【電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-】
テレ東 24時20分~24時50分 #03

アイ(西野七瀬)の後押しもあり、翔(野村周平)は憧れの奈々美(飯豊まりえ)とデートをすることに。“翔の側にいること”が役割のアイは、こっそり尾行するが途中で見失ってしまう。2人は最初こそ緊張してたが、映画の感想を言い合ううちに少しずつ打ち解けていく。しかも2度目のデートでは「弄内くんと話すの楽しい」と言われ、奈々美の智章(清水尋也)への想いを知りつつも、喜びを隠せない。果たして翔の想いは届くのか?