11/14(水)放送分の予告はこちら  火← →木

【記憶】
フジ 15時50分~16時50分 第7話

本庄(中井貴一)の父、省吾(久保晶)が殺人容疑で捕まった。父親に嫌悪感を抱いているものの人を殺すような男ではないと信じている本庄は、複雑な思いを抱えて省吾の弁護を申し出る。警察署に出向いた本庄は、担当刑事の顔を見て衝撃を受ける。それは、15年前に亮介(正垣湊都)の事故捜査を打ち切った因縁の刑事・三上克彦(大西武志)だった。いい加減な見込み捜査に再捜査を求める本庄。だが、三上は認めない。省吾を救うには送検までの48時間以内に警察の意見を覆す新証拠を見つけなければならなかった。無理をする本庄には度々病気の症状が現れ、人知れず遥香(優香)は心配する。久しぶりに本庄と会った時枝(草村礼子)もまた、息子と話が噛み合わないことを変に思い、隠していることはないかと遥香に詰め寄る。そんな中、胡散臭い雑誌記者・門脇健二(相島一之)が、桜庭記念病院の不正を嗅ぎつけて本庄を揺さぶりに現れた。何かを掴んでいるらしい門脇は、本庄と三上の再会は運命だと意味深に告げる…。


【相棒 season17】
テレ朝 21時~21時54分 第6話 「ブラックパールの女」

未決囚の女が世界的研究者の不審死に関与!?
特命係を惑わす妖艶な“平成の毒婦”の狙いとは?


ある日、右京(水谷豊)は、弁護士の連城(松尾諭)から突然、奇妙な依頼を受ける。顧問弁護士を務めている出版社が、連続殺人事件の被告として拘禁中の遠峰小夜子(西田尚美)に、名誉毀損で訴えられているのだが、和解の条件として「有能な刑事と話がしたい」と不可解な要求をしてきたという。小夜子は、真珠養殖詐欺を行い、返金を迫った被害者を自殺や事故に見せかけて殺害した疑いを掛けられている人物。亘(反町隆史)と共に面会に出向いた右京は、小夜子から気になる話を聞く。海外に行く飛行機の中で知り合った谷岡という科学者に、若い女性向けの黒真珠のネックレスを紹介したという小夜子。谷岡は、数日前、風呂場で溺死したことが報じられた世界的なバイオ技術の研究者。小夜子がなぜ、わざわざ刑事を呼んでそんな話をしたのか、興味を抱いた右京は、事故死として処理されている谷岡の一件も調べ始める。

特命係を捜査に駆り出した狡猾でしたたかな女詐欺師の目的とは…!? 危うさをはらんだ拘禁中の連続殺人犯が特命係を翻弄する!




【プラスティック・スマイル~静岡発地域ドラマ~】
BSプレミアム 21時~22時

舞台は静岡県静岡市。静岡県はプラモデル産業が盛んで、「世界の模型首都」とも称され、全国一の出荷額を誇ります。そんな静岡市内のプラモデルメーカー・島田模型の総務課に勤務する紬(つむぎ、百田夏菜子)は、仕事とプライベートをきっちり分け、仕事は完璧にこなしつつ、プライベートでは趣味でコスプレを楽しむ25歳。

ある日、完璧主義の紬に社長(武田真治)から「働き方改革」推進の特命が下ります。ところが、そんな紬の前に、残業で徹夜もいとわないという“プラモ一筋”の先輩・翔(青柳翔)があらわれ、あろうことか新製品開発のチームを組むことに!

“趣味を仕事にしない女” と “趣味をそのまま仕事にした男” 正反対の二人は正面衝突。

「仕事って何? 趣味って何? 本当の自分って何?」働き方改革の時代に送る、青春お仕事ドラマです!


【獣になれない私たち】
日テレ 22時~23時 #7

恒星(松田龍平)が封筒に入った大量の現金を持っているのを目撃してしまい、とまどう晶(新垣結衣)。恒星は「この金で粉飾決算に加担するように脅迫されていて、やむを得ない事情で抜け出せない」と話す。その告白を真剣に聞く晶に「…という映画の話」と言って話を変えてしまう恒星。

社長の九十九(山内圭哉)の発案で、録音機能付き監視カメラがついたツクモクリエイトジャパン 。その息苦しさと緊張感に松任谷(伊藤沙莉)も上野(犬飼貴丈)もバテ気味・・・。強引な社長のやり方に会社全体の空気が停滞していることを晶と佐久間(近藤公園)は心配する。

一方、寝たきり状態だった京谷(田中圭)の父の容態が悪くなり、病院にいれるかどうかで千春(田中美佐子)と家族の間はもめていた。京谷とケンカしたままでそんな状況をしらない晶は、千春と連絡がつかないことを心配しながら夜遅くに帰宅。すると、アパートのドアの前でなぜか眠り込んでいる朱里(黒木華)を見つけ・・・。





7分でわかる!今までの「家売るオンナ」!!



【PRINCE OF LEGEND】
日テレ 24時59分~25時29分 Episode 8

朱雀奏(片寄涼太)や京極尊人(鈴木伸之)ら、続々と王子が集結する聖ブリリアント学園。

学園の英語教師である結城理一(町田啓太)はその状況を驚きとともに見つめていた。

幼い頃から王子の名を欲しいがままに手にしてきた結城は、まずは自分の強力なライバルになりそうな王子たちが全員関心をもっている成瀬果音(白石聖)と直接話そうと、果音の家へ向かう。



【天 天和通りの快男児】
テレ東 25時35分~26時05分 第八話

“雀神”赤木しげる(吉田栄作)の闘牌を目の当たりにし覚醒した雀士・井川ひろゆき(古川雄輝)だったが、西軍の“怪物”僧我三威(でんでん)の執念の満貫で残り千点になり追い詰められてしまう。味方のツモ和了りでもひろゆきが脱落という大ピンチの東軍だが、赤木が桁外れの才気を発揮し、凡手を一気に引き上げる。その手を託された天貴史(岸谷五朗)は逆転の予感に突き動かされ、さらなる大物手を狙う。東軍最強の2人が築き上げた「地の鼓動」とは?